研究のご案内

論文/著書

論文:英文(2021年)
        • 2021 Feb 1. Online ahead of print. Intern Med.
          著者
          :Noguchi T, Ryozawa S, Mizuide M, Tanisaka Y, Fujita A, Ogawa T, Suzuki M, Katsuda H, Nagata K, Kawasaki T, Aikawa M, Okamoto K.
          タイトル
          :Pancreatic Hamartoma Difficult to Diagnose Preoperatively.
        • 2021 Mar 27. Online ahead of print. Dig Endosc.
          著者
          :Saito Y, Kodashima S, Matsuda T, Matsuda K, Fujishiro M, Tanaka K, Kobayashi K, Katada C, Horimatsu T, Muto M, Ohtsuka K, Oda I, Kato M, Kida M, Hoteya S, Yamamoto H, Ryozawa S, Iwakiri R, Kutsumi H, Kato M, Haruma K, Fujimoto K, Iishi H, Ogata H, Uemura N, Kaminishi M, Tajiri H, Inoue H.
          タイトル
          :Current status of diagnostic and therapeutic colonoscopy in Japan: The Japan Endoscopic Database Project.
        • 2021 May 3. Online ahead of print. J Gastroenterol Hepatol.
          著者
          :Ishigaki K, Nakai Y, Sasahira N, Sugimori K, Kitamura K, Iwai T, Matsubara S, Shimura K, Itoi T, Ryozawa S, Ushio J, Doi S, Imazu H, Maetani I, Isayama H; Acquire Study Group.
          タイトル
          :A Prospective Multicenter Study of EUS-guided Fine Needle Biopsy Using a 22-gauge Franseen Needle for Pancreatic Solid Lesions.
        • 2021; doi: 10.1155/2021/6640862. Gastroenterol Res Pract.
          著者
          :Tanisaka Y, Mizuide M, Fujita A, Ogawa T, Araki R, Suzuki M, Katsuda H, Saito Y, Miyaguchi K, Tashima T, Mashimo Y, Yasuda M, Ryozawa S.
          タイトル
          :Comparison of Endoscopic Ultrasound-Guided Fine-Needle Aspiration and Biopsy Device for Lymphadenopathy.
        • 2021; 10(8):1624 J Clin Med.
          著者
          :Tanisaka Y, Mizuide M, Fujita A, Ogawa T, Suzuki M, Katsuda H, Saito Y, Miyaguchi K, Tashima T, Mashimo Y, Ryozawa S.
          タイトル
          :Recent Advances of Interventional Endoscopic Retrograde Cholangiopancreatography and Endoscopic Ultrasound for Patients with Surgically Altered Anatomy.
        • 2021; 10(5):1048 J Clin Med.
          著者
          :Tanisaka Y, Mizuide M, Fujita A, Ogawa T, Suzuki M, Katsuda H, Saito Y, Miyaguchi K, Tashima T, Mashimo Y, Ryozawa S.
          タイトル
          :Diagnostic Process Using Endoscopy for Biliary Strictures: A Narrative Review.
        • 2021; doi: 10.1002/jhbp.919. Online ahead of print. J Hepatobiliary Pancreat Sci.
          著者
          :Tanisaka Y, Mizuide M, Fujita A, Ogawa T, Suzuki M, Katsuda H, Saito Y, Tashima T, Mashimo Y, Ryozawa S.
          タイトル
          :Novel retrieval basket facilitates the extraction of difficult bile duct stones in a patient with surgically altered anatomy.
        • 2021; 28(3):272-279 J Hepatobiliary Pancreat Sci.
          著者
          :Tanisaka Y, Ryozawa S, Mizuide M, Fujita A, Ogawa T, Tashima T, Noguchi T, Suzuki M, Katsuda H, Araki R.
          タイトル
          :Usefulness of self-expandable metal stents for malignant biliary obstruction using a short-type single-balloon enteroscope in patients with surgically altered anatomy.
        • 2021; 60(4):651-652 Intern Med.
          著者
          :Tanisaka Y, Ryozawa S, Mizuide M, Fujita A.
          タイトル
          :Choledocho-duodenal Fistula Formation Caused by the Progression of Pancreatic Cancer.
        • 2021; 56(2):188-192 Scand J Gastroenterol.
          著者
          :Fujita A, Ryozawa S, Tanisaka Y, Ogawa T, Suzuki M, Katsuda H, Tashima T, Araki R, Mizuide M
          タイトル
          :Evaluation of endoscopic ultrasound-guided fine-needle biopsy for preoperative pancreatic solid lesions.
        • 2021;10(5):1076 J Clin Med.
          著者
          :Fujita A, Ryozawa S, Mizuide M, Tanisaka Y, Ogawa T, Suzuki M, Katsuda H, Saito Y, Tashima T, Miyaguchi K, Arai E, Kawasaki T, Mashimo Y
          タイトル
          :Diagnosis of Pancreatic Solid Lesions, Subepithelial Lesions, and Lymph Nodes Using Endoscopic Ultrasound.
        • 2021 doi: 10.2169/internalmedicine.6936-20. Intern Med.
          著者
          :Miyaguchi K, Tashima T, Sugimoto K, Terada R, Mashimo Y, Imaeda H, Ryozawa S./div>
          タイトル
          :Intraperitoneal Abscess as a Postoperative Complication of Gastric Endoscopic Submucosal Dissection.
論文:英文(2020年)
        • 2020 Jan;35(1):8. J Gastroenterol Hepatol.
          著者
          :Tashima T, Nonaka K, Tanisaka Y, Ryozawa S.
          タイトル
          :Gastrointestinal: Successful endoscopic fat patch with an over-the-scope clip for endoscopic ultrasonography-related large esophageal perforation.
        • 2020 Jan;32(1):e26-e27. Dig Endosc.
          著者
          :Tanisaka Y, Ryozawa S, Nonaka K.
          タイトル
          :Accurate diagnosis of degree of atypia in cholangiocarcinoma by peroral cholangioscopy-guided probe-based confocal endomicroscopy.
        • 2020;32(4):494-502. Dig Endosc.
          著者
          :Kato M, Tanaka K, Kida M, Ryozawa S, Matsuda K, Fujishiro M, Saito Y, Ohtsuka K, Oda I, Katada C, Kobayashi K, Hoteya S, Horimatsu T, Kodashima S, Matsuda T, Muto M, Yamamoto H, Iwakiri R, Kutsumi H, Miyata H, Kato M, Haruma K, Fujimoto K, Uemura N, Kaminishi M, Tajiri H.
          タイトル
          :Multicenter database registry for endoscopic retrograde cholangiopancreatography: Japan Endoscopic Database Project.
        • 2020 Mar 15;59(6):779-782. Intern Med.
          著者
          :Yamaguchi H, Morisaka H, Sano K, Nagata K, Ryozawa S, Okamoto K, Ichikawa T.Yamaguchi H, et al.
          タイトル
          :Seeding of a Tumor in the Gastric Wall after Endoscopic Ultrasound-guided Fine-needle Aspiration of Solid Pseudopapillary Neoplasm of the Pancreas.
        • 2020 Jan 9;5(3):110-113. VideoGIE.
          著者
          :Tanisaka Y, Ryozawa S, Nonaka K, Ban S, Fujita A.
          タイトル
          :Peroral cholangioscopy-guided probe-based confocal laser endomicroscopy for preoperative diagnosis of pancreatic cancer in a patient with surgically altered anatomy.
        • 2020;32(4):629-629. Dig Endosc.
          著者
          :Tashima T, Nonaka K, Ryozawa S.
          タイトル
          :Gastrointestinal: Successful endoscopic fat patch with an over-the-scope clip for endoscopic ultrasonography-related large esophageal perforation.
        • 2020 Mar;32(3):309-315. Dig Endosc.
          著者
          :Irisawa A, Miyoshi H, Itoi T, Ryozawa S, Kida M, Inui K.
          タイトル
          :Recent innovations in therapeutic endoscopy for pancreatobiliary diseases.
        • 2020 Apr 16. doi: 10.2169/internalmedicine.4245-19. Online ahead of print. Intern Med.
          著者
          :Tanisaka Y, Ryozawa S, Mizuide M, Fujita A, Ogawa T, Harada M, Noguchi T, Suzuki M, Araki R.
          タイトル
          :Biliary Cannulation in Patients with Roux-en-Y Gastrectomy: An Analysis of the Factors Associated with Successful Cannulation.
        • 2020;35:967-979. J Gastroenterol Hepatol.
          著者
          :Nakai Y, Isayama H, Wang HP, Rerknimitr R, Khor C, Yasuda I, Kogure H, Moon JH, Lau J, Lakhtakia S, Ratanachu-Ek T, Seo DW, Lee DK, Makmun D, Dy F, Liao WC, Draganov PV, Almadi M, Irisawa A, Katanuma A, Kitano M, Ryozawa S, Fujisawa T, Wallace MB, Itoi T, Devereaux B.
          タイトル
          :International consensus statements for endoscopic management of distal biliary stricture.
        • 2020 Dec 7 Online ahead of print. Dig Endosc.
          著者
          :Kanno A, Yasuda I, Irisawa A, Hara K, Ashida R, Iwashita T, Takenaka M, Katanuma A, Takikawa T, Kubota K, Kato H, Nakai Y, Ryozawa S, Kitano M, Isayama H, Kamada H, Okabe Y, Hanada K, Ohtsubo K, Doi S, Hisai H, Shibukawa G, Imazu H, Masamune A.
          タイトル
          :Adverse events of Endoscopic Ultrasound-Guided Fine-Needle Aspiration for Histologic Diagnosis in Japanese Tertiary Centers: A Multicenter Retrospective Study.
        • 2020 Nov 07 Online ahead of print. Clin J Gastroenterol.
          著者
          :Kobayashi M, Tashima T, Nagata K, Sakuramoto S, Osaki A, Ryozawa S.
          タイトル
          :Colorectal and gastric metastases from lobular breast cancer that resembled superficial neoplastic lesions.
        • 2020;32(4):629. Dig Endosc.
          著者
          :Tashima T, Nonaka K, Ryozawa S.
          タイトル
          :Successful further endoscopic mucosal resection with an over-the-scope clip with circumferential mucosal incision for a residual rectal neuroendocrine tumor.
        • 2020;5:425-427. VideoGIE.
          著者
          :Tashima T, Tanisaka Y, Mashimo Y, Mizuide M, Ryozawa S.
          タイトル
          :Endoscopic closure assisted by a novel traction device after duodenal endoscopic submucosal dissection.
        • 2020 Nov 25;S1590-8658(20)31030-6. Dig Liver Dis.
          著者
          :Tashima T, Miyaguchi K, Tanisaka Y, Ryozawa S.
          タイトル
          :Complete resection of a previously unsuspected 5 mm duodenal submucosal carcinoma.
        • 2020 Dec 14;6(3):124-128. VideoGIE.
          著者
          :Shiomi H, Kutsumi H, Ryozawa S, Irisawa A, Kodama Y.
          タイトル
          :Modified double-guidewire technique using a unique double-lumen sphincterotome for difficult biliary cannulation.
        • 2020; doi: 10.1155/2020/6342439. Gastroenterol Res Pract.
          著者
          :Tanisaka Y, Ryozawa S, Nonaka K, Yasuda M, Fujita A, Ogawa T, Mizuide M, Tashima T, Araki R.
          タイトル
          :Diagnosis of Biliary Strictures Using Probe-Based Confocal Laser Endomicroscopy under the Direct View of Peroral Cholangioscopy: Results of a Prospective Study (with Video).
        • 2020; doi: 10.1111/den.13878. Online ahead of print. Dig Endosc.
          著者
          :Tanisaka Y, Ryozawa S, Mizuide M, Araki R, Fujita A, Ogawa T, Tashima T, Noguchi T, Suzuki M, Katsuda H.
          タイトル
          :Status of single-balloon enteroscopy-assisted endoscopic retrograde cholangiopancreatography in patients with surgically altered anatomy: Systematic review and meta-analysis on biliary interventions.
        • 2020; 32(7):e157-e159 Dig Endosc.
          著者
          :Tanisaka Y, Ryozawa S, Mizuide M.
          タイトル
          :Wire-loop technique as an effective method for endoscopic removal of a post-operative dislocated stent.
        • 2020; 59(14):1687-1693 Intern Med.
          著者
          :Tanisaka Y, Ryozawa S, Mizuide M, Fujita A, Ogawa T, Harada M, Noguchi T, Suzuki M, Araki R.
          タイトル
          :Biliary Cannulation in Patients with Roux-en-Y Gastrectomy: An Analysis of the Factors Associated with Successful Cannulation.
        • 2020; 52(6): E193-E194 Endoscopy.
          著者
          :Tanisaka Y, Ryozawa S, Mizuide M, Fujita A, Ogawa T.
          タイトル
          :Bile duct stone caused by 25-year placement of metal stent: successful diagnosis and extraction using peroral cholangioscopy.
        • 2020; 32(7):1111 Dig Endosc.
          著者
          :Fujita A, Ryozawa S, Mizuide M
          タイトル
          :Side-by-side placement of four fully covered self-expandable metal stents for malignant hilar biliary obstruction.
        • 2020; 10(7):463 Diagnostics.
          著者
          :Fujita A, Ryozawa S, Tanisaka Y, Ogawa T, Suzuki M, Noguchi T, Katsuda H, Mizuide M
          タイトル
          :Current Status of Needles in the Optimization of Endoscopic Ultrasound-Guided Procedures.
        • 2020; 10(11):964 Diagnostics.
          著者
          :Mizuide M, Ryozawa S, Fujita A, Ogawa T, Katsuda H, Suzuki M, Noguchi T, Tanisaka Y
          タイトル
          :Complications of Endoscopic Ultrasound-Guided Fine Needle Aspiration: A Narrative Review.
論文:英文(2019年)
        • 2019;34:487.J Gastroenterol Hepatol.
          著者
          :Tashima T, Nonaka K, Ryozawa S,Tanisaka Y.
          タイトル
          :Gastrointestinal: Successful endoscopic submucosal dissection assisted with endoloop for early appendiceal cancer that had everted into the cecal lumen.
        • 2019;31:e36-e37. Dig Endosc.
          著者
          :Tashima T, Nonaka K, Ryozawa S.
          タイトル
          :Unprecedented problems and troubleshooting during over-the-scope clip system use: Suction error and suture cutting procedure.
        • 2019;4:128-130.VideoGIE.
          著者
          :Tashima T, Nonaka K, Ryozawa S, Tanisaka Y, Fujino T
          タイトル
          :Successful ex-vivo probe-based confocal laser endomicroscopy of a superficial nonampullary duodenal epithelial tumor with dripping of food additives: a case of tubular adenocarcinoma.
        • 2019 doi.org/10.1002/jgh3.12163 JGH open.
          著者
          :Tanisaka Y, Ryozawa S, Sudo K, Fujita A, Mizuide M, Kouichi N, Tomoaki T.
          タイトル
          :Successful endoscopic retrograde cholangiopancreatography using pancreatic guidewire placement for biliary cannulation in a patient with situs inversus and Billroth‐I gastrectomy (with video)
        • 2019; 31:106 Dig Endosc.
          著者
          :Nonaka K, Ban S, Ryozawa S.
          タイトル
          :Strictures after endoscopic submucosal dissection of the esophagus: Are the histopathological findings the same between human and porcine models?
        • 2019;31:101 Dig Endosc.
          著者
          :Fujii Y, Nonaka K, Ryozawa S.
          タイトル
          :Use of probe-based confocal laser endomicroscopy for colon adenomas with topical application of acrinol drops. Dig Endosc. 2019;31:101
        • 2019;31:105 Dig Endosc.
          著者
          :Kurumi H, Nonaka K, Ryozawa S.
          タイトル
          :Probe-based confocal laser endomicroscopy of the gastric mucosa with curcumin dripping. Dig Endosc. 2019;31:105
        • 2019 Jan 16. doi: 10.1111/jgh.14605. [Epub ahead of print] J Gastroenterol Hepatol.
          著者
          :Sano I, Katanuma A, Kuwatani M, Kawakami H, Kato H, Itoi T, Ono M, Irisawa A, Okabe Y, Iwashita T, Yasuda I, Ryozawa S, Kaino S, Sakamoto N.
          タイトル
          :Long-term outcomes after therapeutic ERCP using balloon-assisted enteroscopy for anastomotic stenosis of choledocho-/pancreaticojejunostomy.
        • 2019 Jan 23;14(1):e0211019. PLoS One.
          著者
          :Kobayashi M, Ryozawa S, Iwano H, Araki R, Tanisaka Y, Fujita A, Kobatake T.
          タイトル
          : The usefulness of wire-guided endoscopic snare papillectomy for tumors of the major duodenal papilla. PLoS One. 2019 Jan 23;14(1):e0211019.
        • 2019 Feb 25. doi: 10.1111/den.13381. [Epub ahead of print] Dig Endosc.
          著者
          :Hamada T, Isayama H, Nakai Y, Iwashita T, Ito Y, Mukai T, Yagioka H, Saito T, Togawa O, Ryozawa S, Hirano K, Mizuno S, Yamamoto N, Kogure H, Yasuda I, Koike K.
          タイトル
          :Antireflux covered metal stent for nonresectable distal malignant biliary obstruction: a multicenter randomized controlled trial.
        • 2019;3:179-181. JGH Open.
          著者
          :Tashima T, Nonaka K, Kurumi H, Fujii Y, Tanisaka Y, Ryozawa S.
          タイトル
          :Successful traction-assisted endoscopic submucosal dissection using dental floss and a clip for a huge superficial nonampullary duodenal epithelial tumor with severe fibrosis (with video).
        • 2019;16(2):174-179. Esophagus.
          著者
          :Katada C, Horimatsu T, Muto M, Tanaka K, Matsuda K, Fujishiro M, Saito Y, Ohtsuka K, Oda I, Kato M, Kida M, Kobayashi K, Hoteya S, Kodashima S, Matsuda T, Yamamoto H, Ryozawa S, Iwakiri R, Kutsumi H, Miyata H, Kato M, Haruma K, Fujimoto K, Uemura N, Kaminishi M, Tajiri H
          タイトル
          :Current status of esophageal endoscopy including the evaluation of smoking and alcohol consumption in Japan: an analysis based on the Japan endoscopy database.
        • 2019;31 (Suppl. 1)47-49. Dig Endosc
          著者
          :Yasuda I, Ryozawa S, Dung HDQ.
          タイトル
          :Current status and future perspectives of interventional endoscopic ultrasonography in Japan.
        • 2019;26(7):249-269. J Hepatobiliary Pancreat Sci.
          著者
          :Isayama H, Nakai Y, Itoi T, Yasuda I, Kawakami H, Ryozawa S, Kitano M, Irisawa A, Katanuma A, Hara K, Iwashita T, Fujita N, Yamao K, Yoshida M, Inui K.
          タイトル
          :Clinical Practice Guidelines for Safe Performance of Endoscopic Ultrasound/Ultrasonography-Guided Biliary Drainage: 2018.
        • 2019;4:447-450. VideoGIE.
          著者
          :Tashima T, Nonaka K, Ryozawa S, Fujino T.
          タイトル
          :Duodenal endoscopic submucosal dissection for a large protruded lesion located just behind the pyloric ring with a scissor-type knife.
        • 2019;31:e92-e93. Dig Endosc.
          著者
          :Tashima T, Nonaka K, Ryozawa S.
          タイトル
          :Successful endoscopic mucosal resection with over-the-scope clip for gastric cancer of fundic gland type apparently inappropriate for endoscopic submucosal dissection.
        • 2019 Nov;31(6):682-689. Dig Endosc.
          著者
          :Tanisaka Y, Ryozawa S, Mizuide M, Harada M, Fujita A, Ogawa T, Nonaka K, Tashima T, Araki R.
          タイトル
          :Analysis of the factors involved in procedural failure: Endoscopic retrograde cholangiopancreatography using a short-type single-balloon enteroscope for patients with surgically altered gastrointestinal anatomy.
        • 2019 Sep;31(5):592. Dig Endosc.
          著者
          :Tashima T, Nonaka K, Ryozawa S.
          タイトル
          :Successful endoscopic en bloc full-thickness and complete resection for two adjacent rectal neuroendocrine tumors.
        • 2019 Nov;7(11):E1327-E1332. Endosc Int Open.
          著者
          :Fujita A, Ryozawa S, Mizuide M, Araki R, Nagata K, Tanisaka Y, Harada M, Ogawa T, Tashima T, Nonaka K.
          タイトル
          :Does endoscopic ultrasound-guided fine needle biopsy using a Franseen needle really offer high diagnostic accuracy? A propensity-matched analysis.
        • 2019 Dec 9. doi: 10.1055/a-1067-4299. [Epub ahead of print]. Endoscopy.
          著者
          :Tanisaka Y, Ryozawa S, Mizuide M, Fujita A, Ogawa T.
          タイトル
          :Bile duct stone caused by 25-year placement of metal stent: successful diagnosis and extraction using peroral cholangioscopy.
        • 2019 Feb 20;3(6):540-541. JGH Open.
          著者
          :Tanisaka Y, Ryozawa S, Sudo K, Fujita A, Mizuide M, Nonaka K, Tashima T.
          タイトル
          :Successful endoscopic retrograde cholangiopancreatography using pancreatic guidewire placement for biliary cannulation in a patient with situs inversus and Billroth-I gastrectomy (with video).
        • 2019 Jul 19;4(2):296-298. JGH Open.
          著者
          :Tanisaka Y, Ryozawa S, Mizuide M, Fujita A, Harada M, Ogawa T.
          タイトル
          :Novel technique using pancreatic duct stent facilitates difficult biliary cannulation in patients with Roux-en-Y anatomy (with video).
論文:英文(2018年)
  • 2018;30(Suppl. 1):54-58, Dig Endosc.
    著者
    :Ryozawa S, Yasuda I.
    タイトル
    :Current strategies for the endoscopic management of difficult-to treat bile duct stones in Japan.
  • 2018;30:679. Dig Endosc.
    著者
    :Tashima T, Ryozawa S,Ohata K.
    タイトル
    :Rare case of severe acute pancreatitis following over-the-scope clip-assisted duodenal endoscopic mucosal resection using a cap-fitted endoscope in a patient with pancreas divisum.
  • 2018;50:1247 . Dig Liver Dis.
    著者
    :Tashima T, Nonaka K, Ryozawa S, Tanisaka Y.
    タイトル
    :Endoscopic purse-string suturing with an over-the-scope clip for closure of a large mucosal defect after gastric ESD.
  • 2018;50:1368. Dig Liver Dis.
    著者
    :Tashima T, Nonaka K, Ryozawa S, Tanisaka Y.
    タイトル
    :Endoscopic purse-string suturing with multiple over-the-scope clips for closure of a large mucosal defect after duodenal endoscopic submucosal dissection.
  • 2018;88:967-968. Gastrointest Endosc.
    著者
    :Tashima T, Nonaka K, Ryozawa S
    タイトル
    :Disappearance of a tumor that completely covered the appendiceal orifice by endoloop-assisted endoscopic strangulation.
  • 2018;3(8):247-248 VideoGIE
    著者
    :Tanisaka Y, Ryozawa S, Nonaka K, Ban S, Fujita A.
    タイトル
    :Confocal laser endomicroscopic finding of lymphoma of the duodenal papilla.
  • 2018;3(11):339-340 VideoGIE
    著者
    :Tanisaka Y, Ryozawa S, Nonaka K, Ban S, Tashima T.
    タイトル
    :In vivo diagnosis of intraductal papillary mucinous neoplasm with per-oral pancreatoscopy-guided confocal laser endomicroscopy.
  • 2018;6(12):E1417-E1422 Endosc Int Open.
    著者
    :Tanisaka Y, Ryozawa S, Mizuide M, Kobayashi M, Fujita A, Minami K, Kobatake T, Omiya K, Iwano H, Araki R.
    タイトル
    :Usefulness of the "newly designed" short-type single-balloon enteroscope for ERCP in patients with Roux-en-Y gastrectomy: a pilot study.
  • 2018 Sep;63(9):2466-2473 Dig Dis Sci.
    著者
    :Kogure H, Ryozawa S, Maetani I, Nakai Y, Kawakami H, Yasuda I, Mochizuki H, Iwano H, Maguchi H, Kida M, Kubota K, Mukai T, Hasebe O, Igarashi Y, Hanada K, Irisawa A, Ito K, Itoi T, Isayama H.
    タイトル
    :A Prospective Multicenter Study of a Fully Covered Metal Stent in Patients with Distal Malignant Biliary Obstruction: WATCH-2 Study.
  • 2018 Feb;8(2):269-273 Mol Clin Oncol.
    著者
    :Tanisaka Y, Ryozawa S, Kobayashi M, Harada M, Kobatake T, Omiya K, Iwano H, Arai S, Nonaka K, Mashimo Y.
    タイトル
    :Endoscopic removal of laser-cut covered self-expandable metallic biliary stents: A report of six cases.
  • 2018;30:293-309 Dig Endosc.
    著者
    :Itoi T, Ryozawa S, Katanuma A, Okabe Y, Kato H, Horaguchi J, Tsuchiya T, Gotoda T, Fujita N, Yasuda K, Igarashi Y, Fujimoto K.
    タイトル
    :Japan Gastroenterological Endoscopy Society guidelines for endoscopic papillary large balloon dilation.
  • 2018;30(Suppl. 1):59-66 Dig Endosc.
    著者
    :Bhavesh Doshi, Ichiro Yasuda, Shomei Ryozawa, Guan Huei Lee.
    タイトル
    :Current strategies for managing large bile duct stones.
  • 2018;1-14 Aliment Pharmaco Ther.
    著者
    :Sun B, Moon JH, Cai Q, Rerknimitr R, Ma S, Lakhtakia S, Ryozawa S, Kutsumi H, Yasuda I, Shiomi H, Li X, Li W, Zhang X, Itoi T, Wang HP, Qian D, Wan Lau JY, Yang Z, Ji M, Hu B, Asia-Pacific ERCP Club.
    タイトル
    :Review article: Asia-Pacific consensus recommendation on endoscopic tissue acquisition for biliary strictures.
  • 2018 Aug 24. 1551-18. Intern Med.
    著者
    :Kobayashi M, Ryozawa S, Araki R, Nagata K, Tanisaka Y, Fujita A, Kobatake T. Investigation of Factors Affecting the Sensitivity of Bile Duct Brush Cytology.
  • 2018;Nov;9(5):527-531. Mol Clinical Oncol
    著者
    :Fujita A, Ryozawa S, Kobayashi M, Araki R, Nagata K, Minami K, Tanisaka Y, Kobatake T, Mizuide M.
    タイトル
    :Diagnostic ability of a 22G Fraanseen needle in endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration of subepithelial lesions.
  • 2018 Dec 5. doi: 10.1007/s10388-018-0650-8. [Epub ahead of print]  Esophagus.
    著者
    :Katada C, Horimatsu T, Muto M, Tanaka K, Matsuda K, Fujishiro M, Saito Y, Ohtsuka K, Oda I, Kato M, Kida M, Kobayashi K, Hoteya S, Kodashima S, Matsuda T, Yamamoto H, Ryozawa S, Iwakiri R, Kutsumi H, Miyata H, Kato M, Haruma K, Fujimoto K, Uemura N, Kaminishi M, Tajiri H.
    タイトル
    :Current status of esophageal endoscopy including the evaluation of smoking and alcohol consumption in Japan: an analysis based on the Japan endoscopy database.
  • 2018;30:798-799 Dig Endosc.
    著者
    :Kurumi H, Nonaka K, Ryozawa S.
    タイトル
    :Probe-based confocal laser endomicroscopy of the gastric mucosa with curcumin dripping.
  • 2018;30:149-173 Dig Endosc.
    著者
    :Ryozawa S, Itoi T, Katanuma A, Okabe Y, Kato H, Horaguchi J, Fujita N, Yasuda K, Tsuyuguchi T, Fujimoto K.
    タイトル
    :Japan Gastroenterological Endoscopy Society guidelines for endoscopic sphincterotomy.
  • 2018;15:4759-66 Oncology letters
    著者
    :Tanisaka Y, Ryozawa S, Kobayashi M, Harada M, Kobatake T, Omiya K, Iwano H, Arai S, Nonaka K, Mashimo Y.
    タイトル
    :Usefulness of endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration for lymphadenopathy.
  • 2018 Jan;30(1):20-28 Dig Endosc.
    著者
    :Kodashima S, Tanaka K, Matsuda K, Fujishiro M, Saito Y, Ohtsuka K, Oda I, Katada C, Kato M, Kida M, Kobayashi K, Hoteya S, Horimatsu T, Matsuda T, Muto M, Yamamoto H, Ryozawa S, et al.
    タイトル
    :First progress report on the Japan Endoscopy Database project.
  • 2018 Jan;30(1):5-19 Dig Endosc.
    著者
    :Matsuda K, Tanaka K, Fujishiro M, Saito Y, Ohtsuka K, Oda I, Katada C, Kato M, Kida M, Kobayashi K, Hoteya S, Horimatsu T, Kodashima S, Matsuda T, Muto M, Yamamoto H, Ryozawa S, et al.
    タイトル
    :Design paper: Japan Endoscopy Database (JED): A prospective, large database project related to gastroenterological endoscopy in Japan.
  • 2018 Jan;53(1):46-55 Scand J Gastroenterol.
    著者
    :Hamada T, Nakai Y, Lau JY, Moon JH, Hayashi T, Yasuda I, Hu B, Seo DW, Kawakami H, Kuwatani M, Katanuma A, Kitano M, Ryozawa S, et al.
    タイトル
    :International study of endoscopic management of distal malignant biliary obstruction combined with duodenal obstruction.
  • 2018 Apr;15(4):4759-4766 Oncol Lett
    著者
    :Tanisaka Y, Ryozawa S, Kobayashi M, Harada M, Kobatake T, Omiya K, Iwano H, Arai S, Nonaka K, Mashimo Y.
    タイトル
    :Usefulness of endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration for lymphadenopathy.
  • 2018 Feb;8(2):269-273 Mol Clin Oncol.
    著者
    :Tanisaka Y, Ryozawa S, Kobayashi M, Harada M, Kobatake T, Omiya K, Iwano H, Arai S, Nonaka K, Mashimo Y.
    タイトル
    :Endoscopic removal of laser-cut covered self-expandable metallic biliary stents: A report of six cases.
  • 2018;3(3):83-84 VIDEO GI
    著者
    :Tashima T, Nonaka K, Ryozawa S, Nagata K.
    タイトル
    :EMR with an over-the-scope clip for superficial nonampullary duodenal epithelial tumor with fibrosis.
  • 2018 Feb 7. Dig Endosc. doi: 10.1111/den.13029. [Epub ahead of print]
    著者
    :Itoi T, Ryozawa S, et al.
    タイトル
    :JGES guidelines for endoscopic papillary large balloon dilation.
  • 2018 Mar 2. doi: 10.1055/s-0044-102255 Endoscopy. [Epub ahead of print]
    著者
    :Tashima T, Ohata K, Sakai E, Misumi Y, Takita M, Minato Y, Matsuyama Y, Muramoto T, Satodate H, Horiuchi H, Matsuhashi N, Nonaka K, Ryozawa S.
    タイトル
    :Efficacy of an over-the-scope clip for preventing adverse events after duodenal endoscopic submucosal dissection: a prospective interventional study.
  • 2018 Dig Endosc. (Epub ahead of print)
    著者
    :Tashima T, Nonaka K, Ryozawa S.
    タイトル
    :Endoscopic omental patch using an over-the scope clip for ERCP-related large duodenal perforation.
論文:英文(2017年)
  • 2017 Nov 20. doi: 10.1111/jgh.14050 J Gastroenterol Hepatol. [Epub ahead of print]
    著者
    :Nakai Y, Yamamoto R, Matsuyama M, Sakai Y, Takayama Y, Ushio J, Ito Y, Kitamura K, Ryozawa S, et al.
    タイトル
    :Multicenter study of endoscopic preoperative biliary drainage for malignant hilar biliary obstruction: E-POD hilar study.
  • 2017.https://doi.org/10.1016/j.vgie.2017.11.010. VideoGIE.
    著者
    :Tashima T, Nonaka K, Ryozawa S, Nagata K.
    タイトル
    :EMR with an over-the-scope clip for superficial nonampullary duodenal epithelial tumor with fibrosis.
  • 2017 Dec 7. doi: 10.1007/s10620-017-4875-5 Dig Dis Sci. [Epub ahead of print]
    著者
    :Kogure H, Ryozawa S, et al.
    タイトル
    :A Prospective Multicenter Study of a Fully Covered Metal Stent in Patients with Distal Malignant Biliary Obstruction: WATCH-2 Study.
  • 2017:29;559-566 Dig Endosc.
    著者
    :Ryozawa S, Fujita N, Irisawa A, Hirooka Y, Mine T.
    タイトル
    :Current status of interventional endoscopic ultrasound.
  • 2017:52;276-300 J Gastroenterol.
    著者
    :Tazuma S, Unno M, Igarashi Y, Inui K, Uchiyama K, Kai M, Tsuyuguchi T, Maguchi H, Mori T, Yamaguchi K, Ryozawa S, et al.
    タイトル
    :Evidence-based clinical practice guidelines for cholelithiasis 2016.
  • 2017 Jul;86(1):44-58 Gastrointest Endosc.
    著者
    :Hu B, Sun B, Cai Q, Wong Lau JY, Ma S, Itoi T, Moon JH, Yasuda I, Zhang X, Wang HP, Ryozawa S, et al.
    タイトル
    :Asia-Pacific consensus guidelines for endoscopic management of benign biliary strictures.
  • 2017 Nov;86(5):915-916 Gastrointest Endosc.
    著者
    :Kobayashi M, Yamaguchi O, Nagata K, Nonaka K, Ryozawa S.
    タイトル
    :Acute hemorrhagic gastritis after nivolumab treatment.
  • 2017 Jul;7(1):79-84 Biomed Rep.
    著者
    :Sato Y, Gonda K, Harada M, Tanisaka Y, Arai S, Mashimo Y, Iwano H, Sato H, Ryozawa S, et al.
    タイトル
    :Increased neutrophil-to-lymphocyte ratio is a novel marker for nutrition, inflammation and chemotherapy outcome in patients with locally advanced and metastatic esophageal squamous cell carcinoma.
  • 2017 7(1): 79-84 Biomed Rep.
    著者
    :Sato Y, Gonda K, Harada M, Tanisaka Y, Arai S, Mashimo Y, Iwano H, Sato H, Ryozawa S, Takahashi T, Sakuramoto S, Shibata M.
    タイトル
    :Increased neutrophil-to-lymphocyte ratio is a novel marker for nutrition, inflammation and chemotherapy outcome in patients with locally advanced and metastatic esophageal squamous cell carcinoma.
論文:英文(2016年)
  • 2016 Feb;23(2):132-6 J Hepatobiliary Pancreat Sci.
    著者
    :Yamamoto R, Tazuma S, Kanno K, Igarashi Y, Inui K, Ohara H, Tsuyuguchi T, Ryozawa S.
    タイトル
    :Ursodeoxycholic acid after bile duct stone removal and risk factors for recurrence: a randomized trial.
  • 2016 Feb 7;22(5):1891-901 World J Gastroenterol.
    著者
    :Kurihara T, Yasuda I, Isayama H, Tsuyuguchi T, Yamaguchi T, Kawabe K, Okabe Y, Hanada K, Hayashi T, Ohtsuka T, Oana S, Kawakami H, Igarashi Y, Matsumoto K, Tamada K, Ryozawa S, et al.
    タイトル
    :Diagnostic and therapeutic single-operator cholangiopancreatoscopy in biliopancreatic diseases: Prospective multicenter study in Japan.
  • 2016 April 14;22(14):3793-3802 World J Gastroenterol.
    著者
    :Naoki Sasahira, Tsuyoshi Hamada, Osamu Togawa, Ryuichi Yamamoto, Tomohisa Iwai, Kiichi Tamada,Yoshiaki Kawaguchi, Kenji Shimura, Takero Koike, Yu Yoshida, Kazuya Sugimori, Shomei Ryozawa, et al.
    タイトル
    :Multicenter study of endoscopic preoperative biliary drainage for malignant distal biliary obstruction.
  • 2016 Sep;31(9):1546-54 J Gastroenterol Hepatol.
    著者
    :Isayama H, Nakai Y, Rerknimitr R, Khor C, Lau J, Wang HP, Seo DW, Ratanachu-Ek T, Lakhtakia S, Ang TL, Ryozawa S, et al.
    タイトル
    :The Asian consensus statements on endoscopic management of walled-off necrosis Part1: Epidemiology, diagnosis and treatment.
  • 2016 Sep;31(9):1555-65 J Gastroenterol Hepatol.
    著者
    :Isayama H, Nakai Y, Rerknimitr R, Khor C, Lau J, Wang HP, Seo DW, Ratanachu-Ek T, Lakhtakia S, Ang TL, Ryozawa S, et al.
    タイトル
    :The Asian consensus statements on endoscopic management of walled-off necrosis Part2: Endoscopic management.
論文:英文(2015年)
  • 2015;50:221-229 J Gastroenterol.
    著者
    :Susumu Tazuma, Yoshinori Igarashi, Kazuo Inui, Hirotaka Ohara, Toshio Tsuyuguchi, Shomei Ryozawa, The BTI therapy research group.
    タイトル
    :Clinical efficacy of intravenous doripenem in patients with acute biliary tract infection: a multicenter, randomized, controlled trial with imipenem/cilastatin as comparator.
  • 2015:81(1);111-8 Gastrointest Endosc.
    著者
    :Itoi T, Kawakami H, Katanuma A, Irisawa A, Sofuni A, Itokawa F, Tsuchiya T, Tanaka R, Umeda J, Ryozawa S, et al.
    タイトル
    :Endoscopic nasogallbladder tube or stent placement in acute cholecystitis: a preliminary prospective randomized trial in Japan (with videos).
論文:英文(2014年)
  • 2015;27:259-264 Dig Endosc
    著者
    :Hiroyuki Isayama, Tsuyoshi Hamada, Ichiro Yasuda, Takao Itoi, Shomei Ryozawa, et al.
    タイトル
    :TOKYO criteria 2014 for transpapillary biliary stenting.
論文:和文(2021年)
  • 2021:33(2);307-309. 消化器内視鏡
    著者
    :良沢昭銘, 水出雅文, 谷坂優樹
    タイトル
    :ついつい教えたくなる,とっておきのコツ.パピレクをする前に,思い出すべきこと10カ条
  • 2021;36:104-111. 膵臓
    著者
    :葛西豊高, 川辺晃一, 江藤宏幸, 荻野太郎, 村松誠司, 中原守康, 宮原庸介, 石川文彦, 新田宙, 藤田昌久, 鎌田茂幸, 伊東博, 新井基展, 谷坂優樹, 水出雅文, 良沢昭銘
    タイトル
    :重症急性膵炎を契機に発見された膵神経内分泌腫瘍の1例
  • 2021;33(3):534-539 消化器内視鏡
    著者
    :谷坂 優樹, 良沢 昭銘, 水出 雅文
    タイトル
    :【胆膵内視鏡の診断・治療の基本手技】ERCPによる胆管結石除去術
  • 2021;3(2):60-68 消化器内科
    著者
    :谷坂 優樹, 良沢 昭銘, 水出 雅文, 藤田 曜, 小川 智也, 野口 達矢, 鈴木 雅博, 勝田 景統, 松田 康里
    特集
    : 【胆道ドレナージを極める】
    タイトル
    : バルーン内視鏡を用いた術後再建腸管症例に対する経乳頭的胆管ドレナージ
論文:和文(2020年)
  • 2020:35(1);81-8. 臨牀消化器内科
    著者
    :良沢昭銘, 水出雅文, 谷坂優樹, 原田舞子, 小川智也, 野口達矢
    タイトル
    :EST診療ガイドライン」に基づく診療の実際
  • 2020:34(1);40-47. 胆道
    著者
    :良沢昭銘,水出雅文,谷坂優樹,原田舞子,小川智也,野口達矢
    タイトル
    :ERCPにおける胆管挿入困難例への対処.胆道
  • 22020;41(2):123-128. 胆と膵
    著者
    :谷坂優樹,良沢昭銘,水出雅文,原田舞子,小川智也,野口達矢,鈴木雅博
    タイトル
    :診療ガイドラインに基づく内視鏡的乳頭処置:リスクマネージメントの観点から.
  • 2020;33(3):340-345. 消化器内視鏡
    著者
    :水出雅文,良沢昭銘,谷坂優樹,原田舞子,小川智也,鈴木雅博,野口達矢
    タイトル
    :EPLBDを安全に行うために.
  • 2020;80(3):421-426肝胆膵
    著者
    :谷坂優樹, 良沢昭銘, 野中康一, 水出雅文, 原田舞子, 藤田曜, 小川智也, 野口達矢, 鈴木雅博
    タイトル
    :【EUSの現状と将来】診断 膵嚢胞性病変に対するNeedle-based confocal laser endomicroscopy(nCLE)を用いた診断
  • 2020:32(6);888-891. 消化器内視鏡
    著者
    :良沢昭銘, 水出雅文, 谷坂優樹, 小川智也, 野口達矢
    タイトル
    :SpyGlassTM DSシステム
  • 2020:81(2);301-304. 肝胆膵
    著者
    :良沢昭銘, 水出雅文, 谷坂優樹, 藤田曜, 小川智也, 野口達矢, 鈴木雅博, 勝田景統, 田島知明, 真下由美
    タイトル
    :肝胆膵における結石診療のベストプラクティスⅡ各論②胆嚢結石症.診断と治療アルゴリズム-ESWL,薬物治療も含めて
  • 2020;2(2):189-196 消化器クリニカルアップデート
    著者
    :谷坂優樹, 良沢昭銘, 水出雅文, 藤田曜, 小川智也, 鈴木雅博, 勝田景統, 田島知明, 真下由美
    特集
    :【これだけは知っておきたい胆膵疾患診断・治療up-to-date】
    タイトル
    :術後再建腸管例に対するバルーン内視鏡を用いたERCP関連手技:最新のTopics
  • 2020; 8(1): 35-41消化器・肝臓内科
    著者
    :鈴木雅博, 水出雅文, 良沢昭銘, 谷坂優樹, 原田舞子, 藤田 曜, 小川智也, 野口達矢, 勝田景統
    タイトル
    :【消化器疾患とステント治療】 胆膵悪性疾患に対するステント治療
  • 2020; 32 (7): 958-964 消化器内視鏡
    著者
    :小川智也, 良沢昭銘, 水出雅文, 谷坂優樹, 原田舞子, 鈴木雅博, 野口達矢, 田島知明, 真下由美
    タイトル
    :乳頭部・副乳頭部の観察法 (側視鏡)
  • 2020; 96(1): 204-206. Progress of Digestive Endoscopy
    著者
    :野口達矢, 谷坂優樹, 小川智也, 鈴木雅博, 原田舞子, 水出雅文, 良沢昭銘
    タイトル
    :膵管鏡が治療方針の決定に寄与したIPMNの1例
  • 2020; 108(8): 1005-1013. 診断と治療
    著者
    :野口達矢, 水出雅文, 良沢昭銘
    タイトル
    :ERCP, EUSを用いた診断, 治療
  • 2020; 117(6): 542-544. 日本消化器病学会雑誌
    著者
    :野口達矢, 良沢昭銘, 佐藤次生
    タイトル
    :偶発的に認められた単発・充実性脾腫瘍の1例
論文:和文(2019年)
  • 2019;34(2):165-170 臨牀消化器内科
    著者
    :藤田曜,良沢昭銘,水出雅文,谷坂優樹,原田舞子,南一洋,小川智也,露木和彬,加藤里絵
    タイトル
    :胆嚢癌の診断(3)超音波内視鏡
  • 2019;61:7-15 Gastroenterol Endosc
    著者
    :良沢昭銘
    タイトル
    :Interventional EUSの現状と展望
  • 2019:31(3);410-414. 消化器内視鏡
    著者
    :良沢昭銘,水出雅文
    タイトル
    :EPLBD-安全性と確実性を高めるコツ-.
  • 2019:31(11);1616-1620. 消化器内視鏡
    著者
    :良沢昭銘,水出雅文,谷坂優樹,原田舞子,小川智也,野口達矢,鈴木雅博,田島知明,野中康一,真下由美
    タイトル
    :胆石除去における乳頭処置(EST, EPBD, EPLBD)と処置の実際.
  • 2019;5(3):285-90. 消化器・肝臓内科
    著者
    :谷坂優樹,良沢昭銘,水出雅文,原田舞子,藤田曜,小川智也
    タイトル
    :術後再建腸管における膵管intervention - 小腸内視鏡による治療 -.
  • 2019 CLINICAL FRONTIER clinical case report, Century Medical, Inc
    著者
    :田島知明
    タイトル
    :Over-the-scope clip(OTSC)のあらたな可能性。消化管腫瘍に対する最新の内視鏡治療“EMR with OTSC(EMRO)”.
  • 2019;94(1):135-6. Prog Dig Endosc
    著者
    :加藤里絵,谷坂優樹,水出雅文,小川智也,藤田 曜,原田舞子,良沢昭銘
    タイトル
    :胆嚢管合流部の嵌頓結石に対して電気水圧衝撃波砕石術が奏功した1例.
  • 2019;40(6):499-504. 胆と膵
    著者
    :水出雅文,良沢昭銘,小川智也,藤田 曜,原田舞子,谷坂優樹
    タイトル
    :乳頭ラージバルーン拡張術(EPLBD)を安全に行うために.
  • 2019;31(9):1410-1415. 消化器内視鏡
    著者
    :水出雅文,良沢昭銘,谷坂優樹,原田舞子,小川智也,鈴木雅博,野口達矢
    タイトル
    :術後腹腔内膿瘍に対する超音波内視鏡ガイド下ドレナージ.
  • 2019;79(4):741-746. 肝胆膵
    著者
    :谷坂優樹,良沢昭銘,水出雅文,原田舞子,小川智也,野口達矢,鈴木雅博
    タイトル
    :レーザーカットタイプ金属ステントによる悪性胆道狭窄治療.
  • 2019;34(6):312-316. 膵臓
    著者
    :葛西豊高,川辺晃一,江藤宏幸,村松誠司,中原守康,宮原庸介,荻野太郎,良沢昭銘
    タイトル
    :ブロムヘキシン塩酸塩が著効した再発性膵炎の1例.
  • 2019;33(5):793-816. 胆道
    著者
    :伊佐山 浩通, 中井 陽介, 糸井 隆夫, 安田 一朗, 河上 洋, 良沢 昭銘, 北野 雅之, 入澤 篤志, 潟沼 朗生, 原 和生, 岩下 拓司, 藤田 直孝, 山雄 健次, 吉田 雅博, 乾 和郎, 杉山 政則, 安田 健治朗, 窪田 敬一, 高田 忠敬, 日本胆道学会, 日本消化器内視鏡学会, 日本消化器病学会, 日本膵臓学会, 作成委員会, Delphi法による専門家委員会, 評価委員会, 外部評価委員会
    タイトル
    :超音波内視鏡下胆道ドレナージの安全施行への診療ガイドライン:2018.
論文:和文(2018年)
  • 2018; 115: 1037-1045 日本消化器病学会誌
    著者
    :野中康一、谷坂優樹、良沢昭銘.
    タイトル
    :共焦点レーザー内視鏡を用いた消化器病変の診断
  • 2018;30(11):1531-1536消化器内視鏡
    著者
    :谷坂 優樹, 良沢 昭銘, 水出 雅文, 原田 舞子, 藤田 曜, 小川 智也
    タイトル
    :胆膵ドレナージupdate [胆道ドレナージ] 術後再建腸管に対する内視鏡的胆道ドレナージ(解説/特集)
  • 2018:30(7);915-919 消化器内視鏡
    著者
    :水出雅文, 良沢昭銘, 谷坂優樹, 南 一洋, 藤田 曜, 小林正典, 小畑 力
    タイトル
    :【高リスク患者の内視鏡】 胆膵 重症急性胆管炎患者に対する緊急胆道ドレナージの注意点と対策
  • 2018:33(7);188-193 臨床消化器内科
    著者
    :水出雅文, 良沢昭銘, 藤田 曜, 小林正典, 谷坂優樹, 小畑 力
    タイトル
    :【膵癌 update】胆管ドレナージ, ステント
  • 2018;30(10):1466-1473 消化器内視鏡
    著者
    :小林正典,良沢昭銘,谷坂優樹,小畑力,水出雅文
    タイトル
    :抗血栓薬服用者における経乳頭処置
  • 2018:30(9);1344-1352 消化器内視鏡
    著者
    :良沢昭銘
    タイトル
    :「早わかり」消化器内視鏡関連ガイドライン2018 Ⅶ胆膵 ①EST診療ガイドライン,②EPLBD診療ガイドライン
  • 2018:39;1087-1089 胆と膵
    著者
    :良沢昭銘,水出雅文,谷坂優樹,原田舞子,藤田曜,南一洋,小川智也,加藤里絵
    タイトル
    :小腸内視鏡を用いたESTのテクニック【動画付】
  • 2018:30;172-176 消化器内視鏡
    著者
    :良沢昭銘,水出雅文,谷坂優樹,原田舞子,藤田曜,南一洋,小川智也,加藤里絵,伊東傑
    タイトル
    :胆嚢病変の特徴と鑑別診断のポイント
  • 2018:30(11);1577-1561 消化器内視鏡
    著者
    :良沢昭銘,水出雅文,谷坂優樹,原田舞子,藤田曜,南一洋,小川智也,加藤里絵
    タイトル
    :膵ドレナージの動向と病態に応じた選択
  • 2018:39(12);1303-1307 胆と膵
    著者
    :良沢昭銘,水出雅文,谷坂優樹,原田舞子,藤田曜,小川智也,露木和彬,村原なみ,加藤里絵,藤井悠子,菓 裕貴,田島知明,新井晋,野中康一,真下由美
    タイトル
    :選択的胆管挿管に用いるデバイス –新しいDGW用カテーテルと合わせて-
  • 2018;4(1):16-21 消化器・肝臓内科
    著者
    :菓裕貴、野中康一、磯本一、良沢昭銘
    タイトル
    :胃腫瘍に対するNBI併用拡大内視鏡観察
  • 2018;32(1):72-77 胆道
    著者
    :良沢昭銘,谷坂優樹,小畑力,小林正典,藤田曜,水出雅文
    タイトル
    :【日本胆道学会認定指導医養成講座】胆道疾患に対する内視鏡診療
  • 2018;76 (3):443-448 肝胆膵
    著者
    :谷坂優樹、良沢昭銘、水出雅文、小畑力、小林正典、南一洋、藤田曜、田島知明、高林英日己、新井晋、野中康一、真下由美
    タイトル
    :切除不能膵癌の消化管閉塞に対する対処法
  • 2018;115(2):228-231 日本消化器病学会雑誌
    著者
    :小林正典, 良沢昭銘, 永田耕治, 佐野勝廣, 上野陽介
    タイトル
    :術前診断困難であった後腹膜腫瘍
論文:和文(2017年)
  • 2017 Pp41-47 胆管結石内視鏡治療. 最新医学社、東京
    著者
    :良沢昭銘、谷坂優樹、原田舞子、小畑 力、小林正典
    タイトル
    :最新医学別冊診断と治療のABC:胆石症・胆管結石・胆道炎・胆道がん
  • 2017:29(3);609-611 消化器内視鏡
    著者
    :良沢昭銘、谷坂優樹、小畑 力、原田舞子、小林正典
    タイトル
    :消化器内視鏡の基礎知識と基本テクニック Ⅳ.胆膵内視鏡 治療 EST
  • 2017:32(8);1073-1079 臨牀消化器内科
    著者
    :良沢昭銘、谷坂優樹、小畑力、原田舞子、小林正典
    タイトル
    :EUSの基本事項
  • 2017:34(7);1127-1131 Medical Practice
    著者
    :良沢昭銘、谷坂優樹
    タイトル
    :胆石症の治療方針
  • 2017;31(1):87-92 胆道
    著者
    :良沢 昭銘
    タイトル
    :EST診療ガイドライン(解説)
  • 2017;32(8):1073-1079 臨床消化器内科
    著者
    :良沢 昭銘, 谷坂 優樹, 小畑 力, 原田 舞子, 小林 正典
    タイトル
    :【胆膵EUSの進歩】 EUSの基本事項(解説/特集)
  • 2017;59(1): 91-101 Gastroenterological Endoscopy
    著者
    :小田島 慎也(日本消化器内視鏡学会), 田中 聖人, 松田 浩二, 藤城 光弘, 斎藤 豊, 大塚 和朗, 小田 一郎, 堅田 親利, 加藤 正之, 木田 光広, 小林 清典, 布袋屋 修, 堀松 高博, 松田 尚久, 武藤 学, 山本 博徳, 良沢 昭銘, ほか, MSED-J(Minimal Standard Endoscopic Database)作成小委員会
    タイトル
    :Japan Endoscopy Database(JED)Project 第一期トライアル実施報告書(解説)
  • 2017:59(3);339-365 Gastroenterological Endosc
    著者
    :糸井隆夫、良沢昭銘、ほか
    タイトル
    :EPLBD診療ガイドライン
  • 2017;59(8):1653-1662 Gastroenterological Endoscopy
    著者
    :野中 康一, 大圃 研, 良沢 昭銘
    タイトル
    :共焦点内視鏡による胃・十二指腸上皮性腫瘍の診断(解説)
  • 2017;29(11):2060-2063 消化器内視鏡
    著者
    :谷坂優樹、良沢昭銘、小畑 力、原田舞子、小林正典、藤田 曜、田島知明、新井晋、野中康一、真下由美
    タイトル
    :術後再建腸管におけるERCPおよび関連手技の注意点
論文:和文(2016年)
  • 2016:30(2);189-197 胆道
    著者
    :良沢昭銘、岩野博俊、田場久美子、佐藤洋子、谷坂優樹、原田舞子
    タイトル
    :ERCPの基本テクニック
  • 2016:31(10);1373-1378 臨牀消化器内科
    著者
    :良沢昭銘、岩野博俊、田場久美子、谷坂優樹、原田舞子、小畑力
    タイトル
    :胆膵内視鏡の技術革新
  • 2016:28(7);1105-1110 消化器内視鏡
    著者
    :良沢昭銘、岩野博俊、大宮久美子、佐藤洋子、谷坂優樹、原田舞子、勝倉暢洋、須藤晃佑、新井 晋、真下由美
    タイトル
    :確固たる技術と知識で臨め!内視鏡的乳頭切除術のテクニックとトラブルコントロール
  • 2016;58(9):1395-403 Gastroenterological Endoscopy
    著者
    :良沢昭銘、岩野博俊、谷坂優樹、小畑力、原田舞子、大宮久美子
    タイトル
    :術後再建腸管におけるバルーン内視鏡による胆膵疾患の診断と治療
  • 2016:28(10);1531-1536 消化器内視鏡
    著者
    :良沢昭銘、谷坂優樹、原田舞子、小畑 力、田場久美子、新井 晋、野中康一、真下由美
    タイトル
    :Interventional EUSによる治療の現状と展望
  • 2016:37;1207-1211 胆と膵
    著者
    :良沢昭銘、谷坂優樹、原田舞子、小畑 力、新井 晋、野中康一、真下由美
    タイトル
    :VTRでみせるEST困難例への対応【動画付】
  • 2016;31:101-108 膵臓
    著者
    :谷坂優樹、岩野博俊、田場久美子、佐藤洋子、原田舞子、勝倉暢洋、岡田克也、宮澤光男、山口浩、須藤晃佑、新井晋、真下由美、良沢昭銘
    タイトル
    :2度にわたる超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)で術前診断が可能であった男性発生小型Solid-pseudopapillary neoplasm (SPN)の1例
  • 2016;28(5):746-752 消化器内視鏡
    著者
    :岩野博俊、良沢昭銘、田場久美子、佐藤洋子、谷坂優樹、佐藤洋子、原田舞子、勝倉暢洋、須藤晃佑、新井 晋、真下由美
    タイトル
    :胆管・膵管の狭窄に対する緩和内視鏡:良性狭窄
  • 2016;58(6):1178-84 Gastroenterol Endosco
    著者
    :伊佐山浩通、濱田 毅、安田一朗、糸井隆夫、良沢昭銘、ほか
    タイトル
    :TOKYO Criteria 2014 ~経乳頭的胆道ステンティングに関する標準的レポーティングシステム~
  • 2016;37(8):709-716 胆と膵
    著者
    :大宮久美子、良沢昭銘、谷坂優樹、原田舞子、谷坂優樹、小畑力、岩野博俊、新井晋、真下由美
    タイトル
    :共焦点レーザーを用いた胆膵内視鏡診断
  • 2016 31: 101-8 膵臓
    著者
    :谷坂優樹、岩野博俊、田場久美子、佐藤洋子、原田舞子、勝倉暢洋、岡田克也、宮澤光男、山口浩、須藤晃佑、新井晋、真下由美、良沢昭銘
    タイトル
    :2度にわたる超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)で術前診断が可能であった男性発生小型Solid-pseudopapillary neoplasm (SPN)の1例
  • 2016 113(7): 1236-43 日消誌
    著者
    :谷坂優樹、岩野博俊、田場久美子、佐藤洋子、原田舞子、勝倉暢洋、合川公康、宮澤光男、山口 浩、良沢昭銘
    タイトル
    :造影超音波内視鏡検査が術前診断に有用であった胆管内乳頭状腫瘍の1例
論文:和文(2015年)
  • 2015:27(2);308-309 消化器内視鏡
    著者
    :良沢昭銘、岩野博俊、田場久美子
    タイトル
    :ERCPべからず- 砕石・採石-
  • 2015:27(6);1027-1032 消化器内視鏡
    著者
    :良沢昭銘、岩野博俊、田場久美子、佐藤洋子、谷坂優樹、原田舞子、勝倉暢洋、須藤晃佑、新井 晋、真下由美
    タイトル
    :胆膵におけるEUS-FNA
  • 2015:27(7);1157-1163 消化器内視鏡
    著者
    :良沢昭銘、岩野博俊、田場久美子、佐藤洋子、谷坂優樹、原田舞子、勝倉暢洋、須藤晃佑、新井 晋、真下由美
    タイトル
    :十二指腸乳頭部および副乳頭部腫瘍の内視鏡診断
  • 2015:36(8);763-767 胆と膵
    著者
    :良沢昭銘、岩野博俊、田場久美子、佐藤洋子、谷坂優樹、原田舞子、勝倉暢洋、須藤晃佑、新井 晋、真下由美
    タイトル
    :EUS-BDの教育方法
  • Gastroenterological Endos 2015:57(12);2722-2759
    著者
    :良沢昭銘、糸井隆夫、潟沼朗生、岡部義信、加藤博也、洞口淳、藤田直孝、安田健治朗、露口利夫、藤本一眞
    タイトル
    :EST診療ガイドライン
  • 2015:27(12);1917 消化器内視鏡
    著者
    :良沢昭銘
    タイトル
    :Difficult stoneへの挑戦-内視鏡的胆管結石治療-序説
  • 2015;36(4):327-331 胆と膵
    著者
    :田場久美子、良沢昭銘、岩野博俊、佐藤洋子、谷坂優樹、須藤晃佑、新井 晋、真下由美
    タイトル
    :転移巣(肝、副腎、リンパ節など)に対するEUS-FNA
  • 2015;45(3):421-426 成人病と生活習慣病
    著者
    :田場久美子、良沢昭銘
    タイトル
    :EUSガイド下内視鏡治療
  • 2015;27(8):1429-1432 消化器内視鏡
    著者
    :岩野博俊、良沢昭銘、田場久美子、谷坂優樹、佐藤洋子
    タイトル
    :胆道ドレナージの手技と使い分け 総論
  • 2015;36:963-968 胆と膵
    著者
    :岩野博俊、良沢昭銘、田場久美子、佐藤洋子、谷坂優樹、原田舞子、勝倉暢洋、須藤晃佑、新井晋、真下由美
    タイトル
    :胆道ドレナージ(良悪性)(ENBD, PS)
  • 2015;27(12:1966-1974 消化器内視鏡
    著者
    :岩野博俊、良沢昭銘、田場久美子、佐藤洋子、谷坂優樹、原田舞子、勝倉暢洋、須藤晃佑、新井晋、真下由美
    タイトル
    :Roux-en-Y, PD再建症例に対するバルーン内視鏡を用いた胆管結石治療
論文:和文(2014年)
  • 2014:35(2);149-154 胆と膵
    著者
    :良沢昭銘、岩野博俊、田場久美子、真下由美、新井 晋
    タイトル
    :Roux-en-Y再建例におけるshort SBEを用いた内視鏡治療
  • 2014:26(2);271-277 消化器内視鏡
    著者
    :良沢昭銘、岩野博俊、田場久美子、須藤晃祐、真下由美、新井 晋
    タイトル
    :Roux-en-Y法再建術後症例に対するカニュレーション-シングルバルーンを用いて-
  • 2014:31(6);928-932 Medical Practice
    著者
    :良沢昭銘、岩野博俊、田場久美子
    タイトル
    :早期胆道がんの診断-疑いから鑑別診断まで-
  • 2014:10(1);69-73 The GI forefront
    著者
    :良沢昭銘
    タイトル
    :Roux-en-Y再建術後症例に対するバルーン内視鏡を用いた胆道内視鏡治療
  • 2014:35(6);539-543 胆と膵
    著者
    :良沢昭銘、岩野博俊、田場久美子、佐藤洋子、谷坂優樹、須藤晃佑、真下由美、新井 晋
    タイトル
    :新しい内視鏡結石除去用バルーン(オフセットバルーンカテーテル)を用いた胆管結石治療
  • 2014;56:2351-8 Gastroenterol Endosco
    著者
    :良沢昭銘、岩野博俊、田場久美子、真下由美、新井 晋
    タイトル
    :小腸バルーン内視鏡を用いた胃切除後胆管病変に対する内視鏡治療の現状
  • 2014:35(8);721-726 胆と膵
    著者
    :良沢昭銘、岩野博俊、田場久美子、佐藤洋子、谷坂優樹、須藤晃佑、真下由美、新井 晋
    タイトル
    :FNAで胆・膵癌を診断するコツ-手技と検体作成の工夫-
  • 2014:69(6);1032-1036 肝胆膵
    著者
    :良沢昭銘、岩野博俊、田場久美子、佐藤洋子、谷坂優樹、須藤晃佑、真下由美、新井 晋
    タイトル
    :EPLBDは日常診療になったか?
  • 2014;28(5):846-850 胆道
    著者
    :岩野博俊、良沢昭銘、田場久美子、上野富雄
    タイトル
    :下部胆管原発腺扁平上皮癌の1例
  • 2014;26(10):1642-1643 消化器内視鏡
    著者
    :藤野節、良沢昭銘、加藤洋
    タイトル
    :上部消化管の精査中に発見された食道メラノーシス
著書(2021年)
  • 2021;274-277. 日本臨牀社,東京. 別冊日本臨牀 領域別症候群シリーズ No. 15肝・胆道系症候群Ⅲ-その他の肝・胆道系疾患を含めて- 肝外胆道編
    著者
    :良沢昭銘, 水出雅文, 谷坂優樹, 藤田曜, 小川智也
    タイトル
    :Ⅱ胆嚢 非腫瘍性胆嚢ポリープ
著書(2020年)
  • 537-538, 2020.1, 医学書院,東京.今日の治療指針2020
    著者
    :良沢昭銘
    タイトル
    :胆膵疾患の内視鏡的治療
  • 687-688, 2020.3, 医学書院,東京.新臨床内科学
    著者
    :良沢昭銘
    タイトル
    :第5章 肝・胆・膵疾患 胆疾患 その他
著書(2019年)
  • 193-198, 2019, Springer, Mine T and Fujita R, eds. Advanced Therapeutic Endoscopy for Pancreatico-Biliary Diseases.
    著者
    :Shomei Ryozawa
    タイトル
    :Endoscopic papillary large balloon dilation (EPLBD).
  • 410-416, 2019.6, 中山書店,東京. 内科学書 改訂第9版 vol4.
    著者
    :良沢昭銘
    タイトル
    :胆道疾患の身体所見,検査と診断法
著書(2018年)
  • 2018; P146-147 東京医学社,東京 編集「消化器内視鏡」編集委員会.食道病変内視鏡アトラス
    著者
    :藤野節,良沢昭銘,加藤洋
    タイトル
    :食道メラノーシス
  • 2018; P281, 東京医学社,食道病変内視鏡アトラス.編集「消化器内視鏡」編集委員会
    著者
    :真下由美,須藤晃祐,良沢昭銘
    タイトル
    :食道異物:義歯による食道穿孔
  • 2018上部・下部消化管内視鏡診断マル秘ノート2 医学書院 野中康一、濱本英剛、 田沼徳真、市原真
    著者
    :田島知明
    タイトル
    :column (3) 失敗しない十二指腸上皮性腫瘍に対する内視鏡治療─必見!最新の内視鏡治療「EMRO(エムロ)」
  • 2018 THE TEXT 大腸ESD 金芳堂 編集 大圃 研・千葉秀幸
    著者
    :田島知明
    タイトル
    :上級ESD
  • 2018 上部・下部消化管内視鏡診断マル秘ノート2 医学書院
    著者・監修
    :野中康一
  • p269-277, 2018.11 メヂカルフレンド社,東京
    著者
    :良沢昭銘
    タイトル
    :新体系看護学全書
    成人看護学⑤ 消化器
    第4章消化器の疾患と診療 Ⅶ胆道疾患
  • p259-261, 2018.11 メヂカルフレンド社,東京
    著者
    :良沢昭銘
    タイトル
    :新体系看護学全書
    疾病の成り立ちと回復の促進⑥
    疾病と治療3 消化器
    第4章消化器の疾患と診療 Ⅶ胆道疾患
  • 2018 p71 私の消化器内視鏡Tips 医学書院
    著者
    :菓裕貴
    タイトル
    :先生!この胃NET、ESDしていいですか?
著書(2017年)
  • 2017 60: 1125-1128
    著者
    :野中康一
    タイトル
    :新しい医療技術 共焦点内視鏡による次世代診断学 整形と災害
  • 2017 vol. 59(8), 1653-1662 日本消化器内視鏡学会雑誌
    著者
    :野中康一
    タイトル
    :共焦点内視鏡による胃・十二指腸上皮性腫瘍の診断
  • 1124-1129 医学書院
    著者
    :野中康一
    タイトル
    :内視鏡的に病理診断をするという時代へ「検査と技術」第45巻 第10号
  • 2017.5.20 Pp465-474 日本メディカルセンター, 東京
    著者
    :良沢昭銘、入澤篤志、長谷部修(監修:日本消化器内視鏡学会)
    タイトル
    :消化器内視鏡ハンドブック. 胆膵・乳頭部. 3)胆道鏡、膵管鏡、超音波内視鏡
  • 2017 32(4):423-431 安全なESDのコツと偶発症の対処(4)十二指腸ESD 日本メディカルセンター
    著者
    :田島知明、大圃研、里館 均、堀内 啓、松橋信行
    タイトル
    :臨床消化器内科 特集 ESD手技の標準化に向けて
  • 2017 173-181『十二指腸ESD』 日本メディカルセンター
    著者
    :田島知明、大圃研
    タイトル
    :ESD手技ダイジェスト(田尻久雄、他)
  • 2017 29(10):1847-1856 胃・十二指腸における内視鏡治療後の機能障害に対する予防-ESD・LECSを中心に- 東京医学社
    著者
    :田島知明、野中康一、良沢昭銘
    タイトル
    :消化管機能障害と内視鏡
著書(2016年)
  • 2016 p568-569 医学書院,東京
    著者
    :良沢昭銘(監修:山口徹、北原光夫、総編集福井次矢、高木誠、小室一成)
    タイトル
    :今日の治療指針. 胆膵疾患の内視鏡的治療
  • 2016 pp102-105 南江堂,、東京
    著者
    :良沢昭銘(編集:日本消化器病学会)
    タイトル
    :胆石症診療ガイドライン2016 改訂第2版.4. 予後・合併症
  • 2016 Pp229-232 診断と治療社、東京
    著者
    :良沢昭銘(総監修:永井良三、責任編集:中島淳、編集:五十嵐良典、榎本信幸、穂苅量太)
    タイトル
    :消化器研修ノート. 内視鏡的胆道ドレナージ・胆管ステント留置術.
  • 2016 Pp229-232 診断と治療社、東京
    著者
    :良沢昭銘(総監修:永井良三、責任編集:中島淳、編集:五十嵐良典、榎本信幸、穂苅量太)
    タイトル
    :消化器研修ノート. 胆道腫瘍(十二指腸乳頭部腫瘍を含む)
  • 2016 51(5): 634-640 胃と腸「胃MALTリンパ腫の拡大内視鏡診断」
    著者
    :野中康一、伴慎一
    タイトル
    :胃と腸 消化管拡大内視鏡診断2016
  • 2016 vol..28 No.8 1258-1259
    著者
    :野中康一
    タイトル
    :特集 胃疾患アトラス 胃MALTリンパ腫(H.pylori陰性型)消化器内視鏡
  • 2016 vol..28 No.8 1312-1313
    著者
    :野中康一
    タイトル
    :特集 胃疾患アトラス 胃MALTリンパ腫(限局陥凹型)消化器内視鏡
  • 2016 170-173「胃MALTリンパ腫(ピロリ菌未感染胃を中心に)」 文光堂
    著者
    :野中康一
    タイトル
    :ピロリ菌陰性時代の上部消化管内視鏡 これだけはおさえたい腫瘍性疾患の診かた
  • 医学書院 2016 (筆頭著者 監修)
    著者
    :野中康一
    タイトル
    :上部消化管 内視鏡診断㊙診断ノート
  • 2016 184-189 日本メディカルセンター
    著者
    :野中康一
    タイトル
    :NBI BLI LCI 内視鏡アトラス「Confocal laser endomicroscopy (十二指腸)」
  • 2016 『十二指腸ESD後潰瘍底に対するOTSC使用経験』 Century Medical, Inc.
    著者
    :田島知明、大圃研
    タイトル
    :CLINICAL FRONTIER clinical case report
  • 2016「モテる内視鏡医を目指して奮闘中の医師からこれからモテたい内視鏡医へ贈るメッセージ」 医学書院
    著者
    :田島知明
    タイトル
    :上部消化管内視鏡診断㊙ノート 野中康一、濱本英剛、田沼徳真、市原真. Column⑤
著書(2015年)
  • 2015 p525 医学書院,東京
    著者
    :良沢昭銘監修:山口徹、北原光夫、総編集福井次矢、高木誠、小室一成
    タイトル
    :今日の治療指針. 胆管ドレナージ法(経皮経肝、内視鏡的:経乳頭的)
  • 2015 340-361 十二指腸 治療法の選択Case①~⑤ 羊土社
    著者
    :田島知明、野中康一
    タイトル
    :症例で身につける食道・胃腫瘍診断 改訂版 (編集 田尻久雄,小山恒男)
  • 2015 (8):1246-1249 消化器内視鏡27 ,東京医学社
    著者
    :田島知明、大圃 研 港 洋平、野中康一、松橋信行
    タイトル
    :処置具をつかいこなす『大腸出血に使用する処置具の種類と使い分け 総論 』
著書(2014年)
  • 2014 pp177-178 医学出版、東京
    著者
    :良沢昭銘、戒能聖治(編集:渡辺守、糸井隆夫)
    タイトル
    :画像で見ぬく消化器疾患vol.4胆道・膵臓. 膵疾患・腫瘤形成性膵炎
  • 2014 消化器内視鏡 Vol.26,No.10
    著者
    :真下由美, 須藤晃佑, 良沢昭銘
    タイトル
    :義歯よる食道穿孔
  • 2014 126-127 急性胃拡張, Gakken
    著者
    :田島知明
    タイトル
    :消化器疾患ビジュアルブック第2版
  • 2014 vol. 29 No.2 183-187 6.ESD困難例に対する対応 (3)肛門近傍病変のESDの実際 日本メディカルセンター
    著者
    :野中康一、大圃研
    タイトル
    :臨床消化器内科 特集「“大腸腫瘍”内視鏡治療の最前線」 
  • 2014 Vol. 7 No.4, 39-43 「体上部大弯病変のESDテクニック」
    著者
    :野中康一
    タイトル
    :胃癌perspective 内視鏡手技の解説-臨床のコツとテクニック- 

研究のご案内

学会・研究会発表

論文/著書

海外医師向け